Category: 未分類

Category of article list

性行為中のカップル

コンドームは避妊の為だけでなく性病予防の為にも使う

日本においては、一般に、コンドームは避妊のために用いられる避妊具として認識されています。 しかし、コンドームを装着することの効果は避妊だけではありません。 コンドームを装着することによって、避妊の効果だけでなく性感染症に感染するリスクも軽減できます。 性感染症の感染経路は一般的な性行為だけにとどまりません。 オーラルセックスやアナルセックスを行うことによっても感染するものです。 自分以外の他の人の体液との接触が感染経路となります。 性感染症は性的交渉を介して誰もが感染するリスクがあるとまず認識する必要があります。 オーラルセックスやアナルセックスを含む性交渉を行う際には、コンドームによって性感染症を予防し、性感染症に感染するリスクを下げることが重要です。 日本ではまだ一般的な認識とはなっていませんが、海外ではコンドームは避妊具としてだけではなく性病予防のためにも用いられています。 避妊の観点からだけではなく、性病予防の観点からもコンドームの装着が重要となります。 ただし、性交渉の際にコンドームを装着したからといって、完全に性感染症を予防できるわけではありません。 少しでも性感染症の感染の疑いや不安がある場合には、専門の機関を受診し検査を受けるようにすることで感染の拡大を防ぐことができます。 コンドームを装着する場合には、いつコンドームを装着するか、そのタイミングも重要です。 射精前後にも少量ながら粘液・精液は分泌されており、それを介して性感染症に感染する危険性もあります。 射精時のみコンドームを装着していたのでは性感染症を予防することはできません。 オーラルセックスだけではなく、アナルセックスを含め性行為の前には必ずコンドームをするようにすることが大切です。 実際、性行為の多様化に伴ってオーラルセックスやアナルセックスなど性行為が行われるようになってから、梅毒やクラミジアなどの性感染症が増加傾向にあります。 性器にいた病原菌がオーラルセックスによって口の中や喉に感染する性器から口腔内へ感染する場合もありますし、口の中に存在した病原菌がオーラルセックスによって性器に感染する口腔内から性器へ感染する場合も考えられます。 特に、性器から口腔内への感染は自覚症状がない場合が多いため、気付かずに別の相手へ感染を広げてしまいます。 性感染症の予防には、様々な感染経路から性感染症に感染する危険性があることをまずは認識することからはじめなければなりません。 オーラルセックス時も必ずコンドームを装着する オーラルセックス時も必ずコンドームを装着することが大切です。 なぜなら、オーラルセックスによっても性感染症になる危険があるからです。 性感染症は通常の性行為やアナルセックスだけではなく、オーラルセックスによっても感染します。 オーラルセックスを行う場合でも、コンドームをきちんと装着していれば性感染症に感染するリスクを低減することができます。 コンドームをせずにオーラルセックスをした場合に感染する可能性がある性感染症としては、クラミジア感染症、ヘルペス感染症、梅毒などがあります。 このような病原菌は性器だけではなく、口の中や喉の中にも存在しています。 近年では、これらの病原菌が咽頭から発見されるケースも珍しくありません。 これらの性感染症が咽頭に感染していたとしても、症状があらわれにくく、自覚症状もないため、知らないうちに別の人にうつしてしまっているケースも珍しくありません。 そのため、現在ではあまり一般的な認識となってはいませんが、オーラルセックスを行う時にもコンドームを装着することが大切です。 オーラルセックス時にコンドームを装着していたとしても、コンドームで覆うことのできない部分の皮膚などから感染する可能性も十分考えられます。 そのためコンドームを装着して性交渉を行ったとしても完全に予防できるわけではなく、性感染症に感染するリスクを下げることができるという点には留意しておく必要があります。 性感染症が口腔内に感染していることが疑われる場合、できるだけ早く治療を開始することができれば、症状の悪化を防ぐことができ、別の人へ感染させてしまうのを防ぐことができます。 そのため、少しでも不安がある場合には病院で検査を受けるようにすることが大切です。

喫煙者

喫煙者はピルを服用できない?

喫煙を習慣としている場合にはピルの服用について注意すべきことがあります。 それは、喫煙しながらピルを服用すると血栓症のリスクが高くなるということです。 血栓症のリスクが高くなってしまうことから、煙草を吸うような習慣がある場合にはピルの服用は望ましくなく、服用しているあいだは煙草をやめる必要があります。 血栓症とは、血液の中に血栓と呼ばれる血の塊ができてしまう病気です。 血栓症は心筋梗塞や脳梗塞などを重篤な病気を引き起こす原因にもなります。 このように、血栓症は命に関わる病気であるためピルを服用しているあいだは煙草を止めたほうが賢明であると考えられます。 特に、1日15本以上煙草を吸っている方にとってピルは禁忌薬です。 禁忌薬とは絶対に服用してはならない薬であるということを意味しています。 1日15本以上煙草を吸うようなヘビースモーカーの方が服用すると、命にかかわるようなリスクを負います。 言い換えれば、ヘビースモーカーの方がピルを服用するのは禁止されています。 血栓症になると、血管内で血の塊(血栓)が詰まってしまい、血液の流れが止まってしまいます。 その結果として、その先にある細胞組織に酸素が回らなくなり、細胞が壊死します。 避妊を主目的としているピルは主成分として女性ホルモンであるエストロゲンという成分が含まれています。 このエストロゲンという成分は血液をわずかに固まらせる作用があります。 ピルを服用している間は血中のエストロゲン量が増えていることから、血液がわずかに固まりやすい状態です。 その際に煙草を吸うと血栓症になりやすいのは、煙草が血管を収縮させる作用があるからです。 血液が固まりやすい状態で血管が収縮すると、血管の中に血栓ができやすい状態となります。 だからこそ、喫煙の習慣がある場合は、ピルの服用は控えるべきであるとされており、特に1日15本以上煙草を吸うようなヘビースモーカーの方は、ピルは禁忌薬とされている点をきちんと認識する必要があります。 ピルを服用できるのか不安なときは病院で相談を ピルを服用できるのか不安なときは病院で相談することが大切です。 ピルを服用すると、少なからず身体に変化があらわれます。 身体の中のホルモンバランスが変化するわけですから、身体にも変化があるのは当然のことです。 自分の判断で勝手に服用してしまうと、思わぬ症状が身体にあらわれる可能性があるため注意が必要です。 病院の中でも、ピルについて相談できる科は産婦人科です。 ピルについては産婦人科の先生が専門家となります。 他の科の先生に聞いても適切なアドバイスが受けられない可能性があります。 ピルを服用できるか不安なときは病院で専門家のアドバイスをもらうようにした方が安心です。 例えば、妊娠中にピルを服用しても大丈夫と言えるでしょうか。 素人の判断で大丈夫だと判断するのは危険です。 妊娠すると、体の中の女性ホルモンのバランスは自然に不安定となる傾向があります。 この状態でピルを服用してしまうと、さらに女性ホルモンの量が増加してしまい、さらに女性ホルモンバランスが崩れてしまいます。 結果として身体に負担がかかって吐き気などの症状があらわれる可能性があります。 妊娠に気づかずに服用し続けてしまったとしても胎児には影響しません。 お母さんの方に影響が出るため注意が必要です。 ピルを服用することによる血栓症のリスクばかりがクローズアップされがちですが、実は妊娠中や出産後12週間の発症リスクの方がはるかに血栓症になるリスクは高いと言われています。 そのため、妊娠中や出産後12週間の間も血栓症に気をつけることが重要です。 この期間にピルを服用する場合にも、十分血栓症のリスクに注意する必要があります。 この期間は血栓症を発症する可能性が高い期間だからです。 このようにピルを服用できるかについて少しでも不安がある場合には、専門家のいる病院に相談するようにすることが大切です。

妊娠中の女性

アフターピルを服用していても異常なく妊娠は可能?

性交後に予期せぬ妊娠をしないために飲む薬が「アフターピル」です。 正しい飲み方をしていれば94%から95%以上の妊娠回避率があるという事でいざという時のお守り的に頼りになる物です。 この数値からもわかるようにアフターピルを服用していても妊娠するケースは0%というわけではありません。 避妊失敗後になるべく早い段階で飲めば飲む程妊娠阻止率は高くなりますが、失敗してしまう例もあります。 例えばせっかく正しい飲み方でアフターピルを飲んだのにその後で吐いてしまったという場合や服用直後に性交を再びした場合、実は服用をした時にはすでに妊娠していたというケースもあります。 子宮外妊娠の場合もアフターピルの効力は発揮する事ができません。 では、万が一アフターピルを飲んでいたけれど妊娠してしまった場合、正常な妊娠をする事は可能なのでしょうか。 結論から言いますと、アフターピルを飲んだ時に妊娠してしまったとしても胎児に何か悪影響が出て異常妊娠となってしまう事はほとんどないとされています。 ですから、もし妊娠を継続していける状態であれば心配し過ぎる必要はありません。 またアフターピルを飲んだ事が何度かあって、それがその後の妊娠に影響を及ぼす事はないのかと気になっている方も多くいます。 実際のところアフターピルの有効成分というのは体内に取り入れてから2日程で完全に体内から抜け出てしまうと言われており、その後の妊娠について胎児に異常が出てしまう可能性は極めて低いです。 アフターピルを飲んでいても失敗してしまう例として子宮外妊娠をあげましたが、この場合なぜ失敗するのかといえば、アフターピルはあくまでも子宮に受精卵が着床する事を防ぐ物だからです。 子宮外妊娠はその名の通り、子宮の外で受精卵が着床してしまった事なのでアフターピルの効果は全く作用しないのです。 アフターピルを飲んだけれど妊娠をして、その後気持ち的に出産をしたいとなった時には心配をせずにリラックスをした状態で妊娠生活を楽しむようにするのが良いでしょう。 妊娠を望むならストレスを溜めないことが大事 妊娠を望んでいるのであれば、できるだけストレスを溜めないようにする事が大事です。 妊娠希望をしている方が一時的に妊娠で悩むのをやめた途端に赤ちゃんを授かったという話はよく聞きます。 ストレスを扱っているのは視床下部という所ですが、ストレスの対処に追われる日々を送っていると、視床下部はもう一つの役目である女性ホルモンの分泌をする指令を出すという部分まで正常に行えなくなってしまいます。 するとホルモンバランスを崩してしまうので排卵が正常に行われなくなり、月経不順になってしまう事が出てくるのです。 さらにストレスは活性酸素を増やす原因となり、老化を進めてしまいます。 子供を授かるために必要な質の良い精子や卵子を作り出せなくなりますし、活性酸素の増加によって血行不良となり、冷え性になってしまう人も少なくありません。 特に不妊治療を頑張っている方は自分を責めてしまいがちです。 しかし時々でもいいので気持ちを楽に持てるように子供を授かる事以外の事を楽しむようにしましょう。 趣味を楽しんでもいいですし、パートナーとデートに出かけても良いです。 旅行へ出かけていろんな場所を見てくるというのも気分転換になります。 そういった一見遠回りに見える事が実は子供を授かるための近道になったりします。 体を動かすとストレスを発散しやすいので、歩いてどこかへ出かけるのもオススメです。 パートナーとデートを兼ねて公園を散歩してみたり、植物園や動物園など癒しスポットへ足を運んだりしてみるのも楽しめます。 あとは食事で楽しみを作るのも良いです。 もちろん適性体重を保つためには食べ過ぎは厳禁ですので、何でも好きなだけ食べるというのは注意が必要です。 しかも食事は目で楽しむという言葉もある通り、カラフルな食事は癒しを運んでくれるのでそういったメニューを作るようにしたり、スイーツの日を作ってみたりするのも楽しいです。

ピルのジェネリック医薬品は安全か考える女性

ピルのジェネリック医薬品は安全か?

低用量ピルは、リーズナブルな価格で購入することを希望している方の間でジェネリック医薬品に注目が集まっています。 ジェネリック医薬品は後発品ですので先に発売された製品よりも安く購入できるメリットがあります。 成分的にはどちらも同じで、製薬会社や名前が異なるのみで同じ効果が得られるのが特徴です。 医薬品でジェネリックを選ぶことは医療費を節約することが出来るとして多くの患者が様々なシチュエーションでジェネリック医薬品を希望するケースが多くなっています。 低用量ピルでもこうした傾向が高まっており、特に先発品で問題がなかった方がその後続けていくことを考えてジェネリックに変更するケースは多く見られます。 ジェネリック医薬品は先発品と同じ成分で相性や世代、ホルモン含有量も全く同じです。 そのため少しでも安く避妊したい、続けて飲むものだから経済性は重要と考える方の間ではジェネリック医薬品を希望する人は増加傾向にあります。 低用量ピルには1相性と3相性のものがあり、1相性のタイプはシートのはじめから終わりまですべて同じホルモン含有量となります。 3相性のものはより自然なホルモン分泌に近いように設定されており、飲み始めから飲みおわりまでホルモン含有量が変化するのが特徴です。 低用量ピルには卵胞ホルモンと黄体ホルモンが配合されていますが、卵胞ホルモンがどのピルでも同じものが配合されています。 含まれる黄体ホルモンの違いで第一世代から第四世代まで種類が分けられており、どの世代にもメリットとデメリットがあります。 どのタイプの低用量ピルが合うかについては個人差や体質によるところが大きいため、試してみて合っているようであればその種類を飲み続ける方が多い傾向にあり、体質に合わないようであれば他の製品を試してみるといった形が主流です。 最近ではクリニックでも積極的にジェネリック医薬品を販売しており、低価格で購入できると評判です。 ジェネリック医薬品のまとめ買いが経済的で人気 ジェネリック医薬品は医療機関で購入できるほか、インターネット通販でも購入することが出来ます。 一般的に日本のクリニックで処方されている製品よりも海外通販を利用して購入する方が1シート当たりの価格は安くなりますが、ジェネリック薬品をまとめ買いすることで更に低価格で購入できるのがメリットです。 日本でジェネリック医薬品の低用量ピルを購入した場合、オリジナルの製品に比べて1シート当たり500円から1000円程度安く購入することが出来ますが、海外通販でも同じようにオリジナル製品よりも後発品のほうが安く購入できます。 低用量ピルは日本のクリニックの場合、一定量しか購入できないケースがありますが、海外通販の場合は比較的まとめ買いをしやすくなっているため、もともと安く購入できる製品をさらにお得に購入することが可能です。 多くのインターネット通販のショップでは1シート購入するよりもまとめて複数のシートを購入する方がお得な価格で販売されています。 そのため、1シート当たりの価格を安く購入したい方は、まとめ買い制度を利用する傾向にあります。 ジェネリック医薬品の低用量ピルはいくつも種類が販売されていますが、日本で購入するよりも海外通販を利用したほうが多くの種類から選ぶことが可能です。 低用量ピルは毎日服用することによって避妊効果を得ることが出来る薬ですので、なるべく安く購入したいという声は世界中の女性から聞かれます。 高い品質のジェネリック医薬品を海外通販でまとめ買いすることで、医療費を安く抑えることが出来るメリットがあります。 日本では価格が気になるという声の多い低用量ピルをお得に買うなら、海外のインターネット通販が便利でお得です。

アフターピルを服用する女性

いざという時のためにもアフターピルを常備しておく

緊急避妊薬としてアフターピルを常備しておくことは非常に重要です。 アフターピルを常備していれば、コンドームが破けた場合や外れた場合、性被害にあった場合など、望まない妊娠を防げる可能性が高くなります。 コンドームが破けたり外れたりして精液が膣内に漏れてしまった場合など、72時間以内にアフターピルを服用すれば高い確率で望まない妊娠を避けられます。 避妊に対する正しい知識を身に着け、自分自身の身体を守れるようにしておくことが大切です。 アフターピルは望まない妊娠を避けるための最終手段として服用する薬です。 常用するものではありません。 アフターピルの避妊率は約80%程度と言われており、大部分の望まない妊娠を避けることができますが、妊娠しないというわけではないためこの点に留意する必要があります。 性交渉後72時間以内に服用することで、緊急避妊薬に含まれている女性ホルモンが排卵を遅らせ子宮内膜への着床を阻害することによって避妊効果を得ることができます。 72時間以内の服用で避妊効果を発揮しますが、性交渉後できるだけ早く服用すると避妊の効果が高まります。 アフターピルは服用が遅くなれば遅くなるほど避妊の可能性が低くなってしまうので、できるだけ早い服用が望まれます。 だからこそ、いざという時のためにもアフターピルを常備しておくと安心です。 アフターピルを服用した後に、3日~3週間程度で少量の出血があれば避妊に成功したと言えます。 この出血は消退出血と呼ばれ、子宮内膜が剥がれたことによって生じる出血です。 ただし、出血があった場合でも妊娠による着床出血という可能性もあります。 着用出血は気づかない人もいるほど少量の出血で、血が混じった茶色いおりものであることが一般的です。 避妊できたかどうかは出血によって判断するのではなく妊娠検査薬で妊娠の有無をチェックすることや、病院に行って診断してもらったほうが確実なものとなります。 日本での性被害は報告されていないものが多い? 日本での性被害の件数は報告されていないものも含めれば、非常に多い可能性があることも指摘されています。 性的な関係をもってしまった、あるいは性的被害を受けたという事実を隠そうとして、誰にも相談できずにいる女性が数多く存在すると考えられます。 日本では、性的被害に関する全国調査が実施されているわけではないため、正確な性被害の件数が把握できていません。 性被害にあった方の相談や申告があった場合にのみ、性被害の件数として数えられてしまっている可能性があります。 そのため、すでに報告されて知られているよりも日本での性被害の件数は多いと考えられます。 十分な避妊対策を行っていない場合、望まない妊娠をしてしまう可能性があります。 ちゃんとコンドームなどの避妊具をつけて性行為をしたとしても、破れたり外れたりしてしまう可能性もあります。 こうした万が一の自体に備えてアフターピルを常備しておけば万が一の場合でも安心です。 アフターピルは日本では市販されている薬ではありません。 購入するためには病院で処方してもらうか、専門通販で購入するしかありません。 そのため、アフターピルを服用しようと思っても夜で病院が開いていない場合や、近くに病院がない場合にはすぐに手に入れられない可能性があります。 また、専門通販で購入する場合、病院よりも比較的安価で購入できるというメリットがありますが、必要な時にすぐ購入できるかどうかはわかりませんし、薬が届くまでに時間もかかります。 アフターピルの効果は早く服用すればするほど高くなります。 逆に言えば、遅くなればなるほど妊娠の可能性が高くなってしまいます。 そのため、万が一に備えて常に常備しておいた方が安心です。

生理痛に悩まされる女性

ピルは避妊だけでなく生理痛にも効果的

女性にとって生理は大切な身体の機能ですが、生理痛が重いという方にとっては憂鬱な存在でもあります。 毎月のように生理になると痛みで寝込んでしまう、痛み止めが欠かせないという方はピルで治療を受けてみてはいかがでしょう。 ピルといえば避妊薬として有名な内服薬です。 実は避妊薬として使用する他にも、生理痛の緩和にピルは有効と言われています。 生理痛が重くなる原因として、プロスタグランディンという物質が大きく関わっています。 プロスタグランディンは排卵後、子宮内膜内に作られる物質で、この物質が生理時に子宮を収縮させる事で内膜を剥がし生理となる仕組みになっています。 プロスタグランディンが過剰に作られてしまうと生理時に強く子宮が収縮してしまい強い痛みを感じてしまうようです。 ピルを服用すると黄体ホルモンという女性ホルモンの分泌量が減り、プロスタグランディンの生成量も減少します。 子宮を強く縮める作用を持つプロスタグランディンの量が減るので結果、生理時に痛みを緩和できるという仕組みです。 通常の生理痛は機能性月経困難症と言われるものですが、ピルは他の病気で生理が重くなってしまう器質性月経困難症の症状緩和にも有効です。 器質性月経困難症には子宮内膜症といった病気が挙げられます。 排卵後、黄体ホルモンが分泌され、子宮内膜が厚くなっていくのですが子宮内膜症になってしまうと、子宮内だけでなく卵巣の内側や、子宮と直腸の間のダグラス窩と呼ばれる部分に子宮内膜が作られてしまいます。 子宮内膜症の方が生理になると、痛み止めを服用しても症状が緩和しない強い痛みに襲われるケースが多いようです。 子宮内膜症の方がピルを服用すると、女性ホルモンの量が一定にキープされ子宮内膜が厚く作られてしまうのを予防できます。 結果、生理時の痛みを軽減できるという仕組みです。 女性であれば、毎月のようにやってくる生理、毎回痛みが酷く重いとストレスになりますし、生活の質も低下してしまいます。 生理時の痛みを緩和するだけでなく、イキイキと生活を送るためにも早めに対策する事をおすすめします。 生理周期の調整や大人ニキビにも有効 ピルは避妊や生理痛の緩和だけでなく、生理周期を調整したり大人ニキビといった肌荒れの改善にも有効な薬です。 テストや旅行など大事なイベントの時に、生理が重なってしまうと「漏れていないか・・」・「トイレの場所を探さないと」など、不安や不便を感じる事も少なくありません。 特に月経量が多いという女性の場合、大切なイベント時に生理が重なってしまうと、予定を変更しなければいけない事態になってしまう可能性もあります。 ピルは服用方法によって生理を早めたり、遅くする事が可能です。 生理を早めたいという場合、生理が始まってから5日目までの間にピルを飲み始め、早めたい日まで飲み続けましょう。 早めたい日まで飲み続けた後、服用をストップすれば約2日から3日程度で生理が始まります。 逆に遅くしたいという場合は、生理の予定日から約5日前から飲み始めて、生理を避けたい日まで飲み続けます。 生理を遅らせたい日が過ぎた後、飲むのを止めればやはり2日から3日程で生理となる仕組みです。 自分で自由に生理周期を調整できるので、旅行などの時に生理になってしまうのを避ける事ができます。 上手くピルを活用すれば、よりライフスタイルの質がアップするでしょう。 また、最近は大人ニキビの治療にピルを処方するクリニックが増えています。 大人ニキビは女性ホルモンバランスが崩れてしまい、起こるケースが多いのが特徴です。 女性ホルモンのバランスが崩れてしまうと、皮脂の分泌が過剰になり大人ニキビや肌荒れを招く事があります。 ピルを服用する事で体内の女性ホルモンバランスが一定となり、皮脂の分泌を抑えたり毛穴詰まりが起こり難くなる事で、ニキビができにくい肌質へと変えて行きます。 大人になってからニキビに悩まされるようになったという方は1度、ピルでの治療を検討してみてはいかがでしょう。

ヤーズ

低用量ピルが合わない時は超低用量ピルのヤーズ

低用量ピルが合わない場合には超低用量ピルのヤーズを使用すると良いです。 ヤーズは超低用量ピルに分類される最も新しい世代のピルです。 黄体ホルモンであるドロスピレノンと卵胞ホルモンであるエチニルエストラジオールという2つの女性ホルモンが配合されています。 超低用量ピルであるヤーズは月経困難症の軽減目的で販売されているピルで、一般に言う低用量ピルよりも成分として含まれているエストロゲンの量が少なくなっています。 病院でも処方されていますが、病院に行く手間を省きたい方はヤーズを通販されるとよろしいです。 低用量ピルのエストロゲン量が0.03〰0.04mgに対して、ヤーズのエストロゲン量は0.002mgと非常に少ないことが特徴です。 ヤーズに含まれているエストロゲン量が少ないからと言って、その効果も少なくなっているという訳ではありません。 むしろ、ヤーズはこれまでの低用量ピルでは、副作用として吐き気などの症状が出てしまい服用できなかった方など、低用量ピルを服用したいが服用できなかった人でも安心して服用できるピルとして活用されています。 また、ヤーズに含まれている黄体ホルモンは合成ホルモンであるドロスピレノンであり、自然な黄体ホルモンの作用に極めて近いため、副作用が出にくいという特徴があります。 ヤーズが採用しているドロスピレノンという黄体ホルモンは、利尿ホルモンから合成されています。 そのため、体内で生成される黄体ホルモンの働きと極めて近くなっています。 そのため、ピルの代表的な副作用であるむくみなどの症状が出にくくなっていることも特徴です。 卵胞ホルモンとしてヤーズに使われているエチニルエストラジオールには、男性ホルモンの働きを抑える作用があるため、より男性化作用を抑えることができるようになっています。 利尿ホルモンから生成されていることによって、低用量ピルの副作用であるとされていた男性化作用もほとんど生じることもないと言われています。 これまでのピルは男性ホルモンからエストロゲンを合成していました。 そのため、男性化作用という副作用があり、男性化作用によって体重増加・食欲増進・多毛症・ニキビ・性欲が増すなどの症状が起こりやすくなっていました。 ホルモン含有量が多いと副作用が出やすくなる ピルには様々な種類のものがありますが、成分として含まれている黄体ホルモンの含有量が多いとピルに特有の副作用が出やすくなるという特徴があります。 これは、エストロゲン含有量が多いと自然に備わっている身体の中のホルモンバランスに働きかける作用が強くなることから副作用が出やすくなってしまうからです。 ピルの歴史はこの含有量をいかに減らすかの歴史であったと言っても過言ではありません。 含有量を減らすことによって、副作用を抑えることができるようにしてきたのがピルの歴史であるのです。 1960年代にはノルエチステロンが開発されピルが経口避妊薬として使用されるようになりました。 このピルは第一世代のピルと呼ばれ、現在では、高用量ピルとして活用されています。 この第一世代ピルのエストロゲンは作用が弱いため、ピルの効果を得るためには多くのエストロゲン量が必要でした。 この含まれているエストロゲンが多いと血栓症などのリスクが高くなるという副作用があります。 その後、含まれているエストロゲンの量を抑えて副作用を抑えるために様々なピルが開発されました。 結果として、ピルに含まれるホルモン含有量の減少に成功し、副作用を出ないようにすることができるようになっています。 その中でも、ヤーズは、最も新しい第4世代のピルに分類され、現在最も含まれているエストロゲン量が少ない超低用量ピルです。 含まれている女性ホルモンが少ない分、黄体ホルモンであるドロスピレノンと卵胞ホルモンであるエチニルエストラジオールという2つの女性ホルモンが効果的に作用するため、含有量が少なくても避妊効果をはじめとした効果を得ることができます。 そのため、ヤーズは、少ない副作用で高いピルの効果を得ることができるのが特徴のピルとなっています。

トリキュラー

低用量ピルではトリキュラーが人気

副作用が少ないとして人気の低用量ピルですが、国内では「トリキュラー」という種類が人気です。 トリキュラーは3相性ピルと呼ばれるタイプの低用量ピルで、レボノルゲストレルといったホルモン製剤を含んでいます。 レボノルゲストレルなどのホルモン製剤を体に取り込む事で、ホルモンバランスを一定に保ち避妊などの効果を発揮する薬です。 3相性となっているトリキュラーは女性本来の自然なホルモンバランスに近くづくよう、成分が3段階に変化し配合されているのが特徴です。 一気にホルモンバランスを変えるのではなく、徐々に変えて行くので体にへの負担が少なく副作用も起こり難いと言われています。 トリキュラーには21錠入りのものと、28錠入りのタイプがあります。 それぞれの正しい服用方法をチェックして、間違えないようにする事が大切です。 21錠入りタイプの服用方法は21日間連続で1シートを飲み終わった後、7日間は休薬し次のシートの1日目からまた飲み始めるというサイクルで服用するのが特徴です。 28錠タイプの場合は21錠と同じ、ホルモン製剤が含まれている本薬に加え、ピルとしての効果が無い偽薬が7錠含まれているのが特徴です。 28錠タイプは、28日間連続で1シートを飲み終わった後はそのまま次のシートの1日目から、また飲み始め28日間の期間ずっと飲み続けるというサイクルで服用します。 21錠のように休薬する期間はありません。 ピル全般に言えることですが、トリキュラーは毎日服用して効果を発揮します。 また、できるだけ同じ時間帯に服用するのもポイントです。 休薬期間を設けてしまうと、場合によっては服用するのを忘れてしまうケースがあります。 28錠タイプはずっと本薬と偽薬を飲み続ける事になるので、飲み忘れが心配という方におすすめです。 副作用が起こり難いという安全性、そして21錠タイプと28錠タイプから選べるなどの利便性がある事から、トリキュラーは多くの女性に選ばれています。 トリキュラーを服用すると必ず太るわけではない? 女性のライフスタイルをサポートしてくれるトリキュラーですが、中には「ピルを服用すると太る」というイメージがあり、試してみるのを躊躇してしまう方も少なくありません。 何となくピルを飲むと太るというイメージが定着していますが、本当に体重が増加してしまうのでしょうか。 トリキュラーをはじめとするピルは、女性ホルモンのバランスを変えて妊娠中と同じような、ホルモンバランスにするという特徴があります。 妊娠中は排卵もストップしますが、これは女性ホルモンのバランスが一定にキープされているためです。 エストロゲンとプロゲステロンという、2つの女性ホルモンのバランスが変化しなければ、卵巣が休んでいる状態となり排卵も起こりません。 妊娠中と同じような女性ホルモンバランスとなるので、場合によっては食事の量が増えてしまい体重が増加してしまうケースもあります。 ただ、服用したからといって必ず太るという事はなく、個人差があります。 体質によってピルを服用中はむくみやすくなる事から、太ったと感じるケースも多いようです。 ピルを服用すると妊娠中と同じようなホルモンバランスの変化が起こるため、体が勘違いしてしまい食欲が増えてしまうようです。 トリキュラーを服用して食欲が増すという方は、食事制限などをしてコントロールする事をおすすめします。 トリキュラーを服用しても太るのではなく、あくまで個人差があるという事は覚えておきましょう。 もし、体重が増加してしまったとしても、わずか2キロから3キロ程度ですので見た目的に太ったと感じる事も少ないようです。 体重増加が気になるのであれば、日頃からマッサージをするなど、むくみ対策を行う事をおすすめします。

個人輸入サイトを利用する女性

モーニングアフターピルは病院へ行かず個人輸入で買う

避妊はできるだけ計画的にしたいものですが、現実には予定どおりにいかないことがしばしばあります。 ピルを飲み忘れたとか、避妊具が破損したとかいうトラブルも起こり得ますし、犯罪の被害に遭ってしまったという深刻な場合もあるでしょう。 そんな万が一の際に、頼りになるのがモーニングアフターピルです。 性行為の72時間以内に服用すれば、ほぼ確実に妊娠を防ぐことができるとされています。 日本ではモーニングアフターピルは、医師の処方が必要な薬とされていて、原則的には産婦人科の病院へ行かないと入手することができません。 しかし予想外の事態で気が動転しているとき、なかなか病院へは行きにくいものです。 医師に事情を説明するのも精神的な負担になりますし、産婦人科で他人の目にさらされる心配もあるでしょう。 もたもたしているうちに時間が過ぎてしまうと、せっかくの避妊薬も効果が失われる可能性があります。 このようなとき利用したいのが、インターネットの個人輸入代行サービスです。 日本の薬局で買えないモーニングアフターピルなどの医薬品でも、自分で使用する分を海外から輸入することは違法にはなりません。 もちろん輸入には外国語での交渉や通関手続きなど、いろいろ面倒な手間が必要になります。 インターネット上の代行サービスを利用すれば、それらの手続きなしに普通の通販感覚でモーニングアフターピルを購入できます。 個人輸入で買って常備しておけば、いざというとき速やかに対処できるでしょう。 個人輸入を利用するメリットは他にもあり、なかでも大きいのは薬代を節約できるという点です。 海外から直接輸入すれば、値段の相場は病院で処方を受けるよりもかなり安くなるのが一般的です。 また病院へ行けば診察料がかかりますが、個人輸入であれば薬代だけで済み、診察料はもちろん交通費なども必要ありません。 それに加えて時間の節約にもなるので、忙しい方にもメリットがある方法と言えます。 個人輸入代行には偽物の薬を扱う悪徳業者もいる 良いことずくめに見える個人輸入代行サービスですが、偽物の薬を扱う悪徳業者もいる点には注意しなければなりません。 さらに悪徳な業者は、お金を振り込んでも商品を送ってこない場合があります。 通販サイトやオークションサイト全般に言えることですが、店頭で実際に商品を見て買うわけではないため、だますつもりで商売をするのは難しいことではありません。 もちろん大部分の業者は真っ当な商品を取り扱っていますが、一応疑ってみるのは大事なことです。 個人輸入代行業者は海外に拠点を構えていることが多く、同じ業者がインターネット上で複数のサイトを設置している場合もあり、なかなか実態を把握しにくいのが現状です。 値段の相場もサイトによってさまざまなので、どこが信用できるか見極めにくいかもしれません。 良い口コミは必ずしもあてになりませんが、長期間にわたって営業を続けている業者なら、ひとまず信用できると考えてよいでしょう。 悪徳業者のほとんどは、短期間でサイトを閉鎖してしまうためです。 いくら値段が安いからといっても、聞いたことのない新しい業者に注文するときには気をつけてください。 業者の所在地や代表者の名前は、実在するか確認するようにしましょう。 これらがサイトに表示されていないのは論外と言えます。 また日本の法を遵守している旨の記載があるかどうかも確認するとよいでしょう。 個人輸入したモーニングアフターピルには、日本語の説明書がついていない場合があります。 英語に堪能な方なら問題ありませんが、自信のない方は用法や用量を確認してから購入してください。 最初は病院で処方を受け、使用法を熟知してから個人輸入するというのもひとつの方法です。

アフターピルの効果について説明する女性

アフターピルの効果などピル情報まとめサイト

アフターピルは経口避妊薬の一種で中用量の女性ホルモンを含んでおり、これを妊娠の可能性があるセックスを行った時に72時間以内に服用すれば妊娠を阻止することができるというものです。 このためアフターとは事後のことを意味します。 アフターピルと同じく経口避妊薬として一般に使われているのが低用量ピルです。 こちらはアフターピルよりも少ない女性ホルモンで28日周期で服用することで妊娠を阻止します。 これは女性ホルモンの作用によって女性の身体が擬似的に妊娠している状態にすることによって妊娠が起こらない状態にするというものです。 仕組みとしてはアフターピルも同じですが、女性ホルモンを体内に取り込むということはホルモンバランスを乱すことになります。 ホルモンバランスが乱れている間はさまざまな副作用が発生します。 低用量ピルの場合には避妊効果がある必要最低限の女性ホルモンを含むことで身体への負担を大幅に軽減したものですが、アフターピルはあくまでも緊急的に避妊を行うための薬であるため、副作用が強く出るリスクがあります。 またアフターピルの避妊率は必ずしも100%ではなく条件によってその効果も下がっていきます。 アフターピルの避妊率は正しい用法で使用した場合でも98%であり、100%ではありません。 低用量ピルで正しい用法では約99.9%で、ほぼ100%ですから、アフターピルは避妊率からみれば劣ります。 また効果は時間が過ぎるほど低下していきます。 データによれば24時間で98%ですが、使用リミットである72時間には96%になります。 なお、実際には120時間までは効果はあり、その場合には60%程度の避妊率ですが避妊効果があります。 このような理由は妊娠のプロセスにあります。 妊娠は精子が卵子と出会って受精します。 受精卵は卵巣を移動して子宮に着床し、着床をもって妊娠が開始されます。 アフターピルを使用することで女性ホルモンに変化を持たせて着床しにくい状態にするというものです。 この着床までに掛かる時間が120時間程度ですので、その間であれば妊娠を阻止できる可能性があります。 このため妊娠を望まないのであれば、72時間を過ぎていても何もしないよりはアフターピルを利用した方が妊娠を阻止できる可能性が高まります。 アフターピルの副作用について服用前に知っておく アフターピルでは急激に身体を変化させるために副作用が低用量ピルよりも強く出ることが知られますが、副作用の症状は人によって個人差があります。 このため重症化するような人もいればまったく副作用を感じない人もいます。 アフターピルによる副作用としては頭痛、腹痛、胸の張り、むくみといったものほか吐き気や嘔吐などの症状があります。 頭痛や腹痛に関してはそれぞれの薬と併用して利用することができますが、胸の張りやむくみはホルモンバランスが落ち着くまでは改善が難しいものです。 一方でアフターピルを服用して問題となるのが吐き気による嘔吐です。 アフターピルの成分が体内に十分に行き渡っていない状態で嘔吐してしまうと効果を得られません。 このため追加して飲まなければならず身体への負担も大きくなります。 アフターピルの場合には2回服用する方法が日本では一般的なものですが、副作用が強くでた場合には1回目で中止する場合もあります。 ただアフターピルを中止するというのはごく稀なケースですがリスクとして理解しておくことは重要です。 一方でアフターピルの成功、つまり妊娠阻止が出来たかを確認する方法としては出血の発生によって判断できます。 タイミングによっては出血が起こらない人もいますが、いずれにしても子宮内膜が剥がれることによって発生する消退出血です。 ただしアフターピルを使用したあとに不正出血する場合もあります。 不正出血としては排卵出血や着床出血といったもので、排卵出血の場合には子宮内膜の毛細血管が切れることで発生します。 また着床出血は受精卵が子宮に着床したことで起こる出血です。 実際には消退出血と不正出血を区別することは難しいとされますが、出血がアフターピル使用後3日以内の場合には消退出血以外の原因も考えられます。