日本においては、一般に、コンドームは避妊のために用いられる避妊具として認識されています。
しかし、コンドームを装着することの効果は避妊だけではありません。
コンドームを装着することによって、避妊の効果だけでなく性感染症に感染するリスクも軽減できます。

性感染症の感染経路は一般的な性行為だけにとどまりません。
オーラルセックスやアナルセックスを行うことによっても感染するものです。
自分以外の他の人の体液との接触が感染経路となります。
性感染症は性的交渉を介して誰もが感染するリスクがあるとまず認識する必要があります。

オーラルセックスやアナルセックスを含む性交渉を行う際には、コンドームによって性感染症を予防し、性感染症に感染するリスクを下げることが重要です。
日本ではまだ一般的な認識とはなっていませんが、海外ではコンドームは避妊具としてだけではなく性病予防のためにも用いられています。
避妊の観点からだけではなく、性病予防の観点からもコンドームの装着が重要となります。
ただし、性交渉の際にコンドームを装着したからといって、完全に性感染症を予防できるわけではありません。
少しでも性感染症の感染の疑いや不安がある場合には、専門の機関を受診し検査を受けるようにすることで感染の拡大を防ぐことができます。

コンドームを装着する場合には、いつコンドームを装着するか、そのタイミングも重要です。
射精前後にも少量ながら粘液・精液は分泌されており、それを介して性感染症に感染する危険性もあります。
射精時のみコンドームを装着していたのでは性感染症を予防することはできません。
オーラルセックスだけではなく、アナルセックスを含め性行為の前には必ずコンドームをするようにすることが大切です。

実際、性行為の多様化に伴ってオーラルセックスやアナルセックスなど性行為が行われるようになってから、梅毒やクラミジアなどの性感染症が増加傾向にあります。
性器にいた病原菌がオーラルセックスによって口の中や喉に感染する性器から口腔内へ感染する場合もありますし、口の中に存在した病原菌がオーラルセックスによって性器に感染する口腔内から性器へ感染する場合も考えられます。
特に、性器から口腔内への感染は自覚症状がない場合が多いため、気付かずに別の相手へ感染を広げてしまいます。
性感染症の予防には、様々な感染経路から性感染症に感染する危険性があることをまずは認識することからはじめなければなりません。

オーラルセックス時も必ずコンドームを装着する

オーラルセックス時も必ずコンドームを装着することが大切です。
なぜなら、オーラルセックスによっても性感染症になる危険があるからです。
性感染症は通常の性行為やアナルセックスだけではなく、オーラルセックスによっても感染します。
オーラルセックスを行う場合でも、コンドームをきちんと装着していれば性感染症に感染するリスクを低減することができます。

コンドームをせずにオーラルセックスをした場合に感染する可能性がある性感染症としては、クラミジア感染症、ヘルペス感染症、梅毒などがあります。
このような病原菌は性器だけではなく、口の中や喉の中にも存在しています。
近年では、これらの病原菌が咽頭から発見されるケースも珍しくありません。
これらの性感染症が咽頭に感染していたとしても、症状があらわれにくく、自覚症状もないため、知らないうちに別の人にうつしてしまっているケースも珍しくありません。
そのため、現在ではあまり一般的な認識となってはいませんが、オーラルセックスを行う時にもコンドームを装着することが大切です。

オーラルセックス時にコンドームを装着していたとしても、コンドームで覆うことのできない部分の皮膚などから感染する可能性も十分考えられます。
そのためコンドームを装着して性交渉を行ったとしても完全に予防できるわけではなく、性感染症に感染するリスクを下げることができるという点には留意しておく必要があります。
性感染症が口腔内に感染していることが疑われる場合、できるだけ早く治療を開始することができれば、症状の悪化を防ぐことができ、別の人へ感染させてしまうのを防ぐことができます。
そのため、少しでも不安がある場合には病院で検査を受けるようにすることが大切です。